すべてをトータルサポート

お問い合わせはコチラ

第5号 不可能と思われた手続きが遺言書のおかげで完了!

小林さん(仮名)は旦那さんを亡くされて、相談に来られました。
小林さん夫婦には子供がおらず、夫婦2人仲良く生活されてきたそうです。

小林さんの承諾を得て、戸籍を確認したところ、旦那さんのご両親は既に亡くなっていて、相続人は小林さんと旦那さんの兄弟姉妹です。
小林さんに相続人全員と遺産分割協議を行い、財産の帰属を決め、遺産分割協議書に署名実印がないと名義変更できない旨を伝えたところ、「主人の兄弟姉妹とは、生前から一切連絡を取っておらず、どうすればよいか分からない」と途方にくれていました。

相続人への連絡を提案しましたが、小林さん自身連絡を取りたくないとのことで、これ以上の手続きの継続は半ば諦めていました。
そんな時、小林さんから「ご主人の荷物から遺言書のようなものがでてきた」と連絡がありました。
その遺言書には「妻に全財産を相続させる」という内容の自筆証書遺言でした。家庭裁判所の検認も受けることができ、無事に財産を小林さん名義に変更することが出来ました。
財産の多い少ないに関係なく、子供のいない夫婦には遺言書が必要だと感じた案件でした。

トピックス

一覧を表示する

2018.04.11
第20号 相続手続 事例レポート
2018.02.08
第19号 相続手続 事例レポート
2017.12.05
第18号 相続手続 事例レポート
2017.10.05
第17号 相続手続 事例レポート
2017.08.03
第16号 相続手続 事例レポート
2017.06.05
第15号 相続手続 事例レポート
2017.04.05
第14号 相続手続 事例レポート
2017.02.07
第13号 相続手続 事例レポート
2016.12.05
第12号 相続手続 事例レポート
2016.10.04
第11号 相続手続 事例レポート

お問い合わせへ

ページトップへ

  • トップページ
  • はじめての方へ
  • ご相談の流れ
  • 料金について
  • お役立ち情報
  • 相続手続一覧
  • 相続の基礎知識
  • お問い合わせ