すべてをトータルサポート

お問い合わせはコチラ

第29号 相続手続 事例レポート

約40年ぶりの民法改正! 第4回

配偶者短期居住権と配偶者居住権

〇配偶者居住権を新設!
(配偶者短期居住権と配偶者居住権)

  • 配偶者短期居住権
    配偶者が被相続人名義の家に居住していた場合に、被相続人の意思に関わらず、一定期間相続開始の日から6ヶ月、または遺産分割協議が決まるまでのいずれか遅い日、その家に住む権利が与えられるというものです。
  • 配偶者居住権
    配偶者が被相続人名義の家に居住していた場合に、その配偶者ができるだけ長くその自宅に住み続けられるように、ということ意図して新設されました。遺言もしくは遺産分割協議書で、配偶者がその自宅を相続しなかった場合でも、その自宅に住み続けられる権利が配偶者居住権です。 具体的には、自宅を「配偶者居住権」と「所有権」に分け、配偶者と他の相続人が、別々に相続するもので、配偶者居住権は自宅に居住していた配偶者のみの権利です。

    配偶者居住権は、2020年4月1日以後に開始する相続から適用されます。

〇18歳から大人に!

2020年4月1日から、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。例えば、現在20歳となっているが改正後18歳で可能となるのは、携帯電話の契約、ローン契約、公認会計士や司法書士、医師免許などの取得、10年有効のパスポートの取得、などなどです。親の同意無しの単独契約、20歳以上と定められていた資格の取得が出来るようになります。

相続の関係でも、民法改正に合わせて18歳を基準とするようにかわる可能性があります。相続が発生して遺産分割が必要な場合に、相続人に未成年者がいれば、その未成年者の特別代理人の選任が必要でした。しかし改正により、18歳の高校生が遺産分割に参加し、自分の考えと意思で、遺産分割の話し合いをするといったケースが出来るようになるでしょう。

トピックス

一覧を表示する

2021.09.17
第33号 相続手続 事例レポート
2021.06.21
第32号 相続手続 事例レポート
2021.04.05
第31号 相続手続 事例レポート
2020.07.07
第30号 相続手続 事例レポート
2020.02.18
第29号 相続手続 事例レポート
2019.10.23
第28号 相続手続 事例レポート
2019.08.08
第27号 相続手続 事例レポート
2019.08.08
無料個別相談会(5月11日終了)
2019.06.13
第26号 相続手続 事例レポート
2019.04.04
第25号 相続手続 事例レポート

お問い合わせへ

ページトップへ

  • トップページ
  • はじめての方へ
  • ご相談の流れ
  • 料金について
  • お役立ち情報
  • 相続手続一覧
  • 相続の基礎知識
  • お問い合わせ