すべてをトータルサポート

お問い合わせはコチラ

第6号 30年以上前の銀行口座

木村さん(仮名)はご主人を亡くされて、相談に来られました。
ご主人は個人事業主でしたが、奥様に仕事の状況や資産の事を話していませんでした。

奥様はまず、どこの金融機関を利用しているのか、貸し金庫がどこにあるのかを確認するため、ご主人の事務所を訪れ、事務員の方に確認を行いました。
その情報をもとに鍵の束や金融機関の通帳を発見できました。

その中には30年以上前の信用金庫の通帳と出資金がありました。
信用金庫へ問い合わせをすると、管理の基幹システムがこの30年の間に3度以上変わっていて、窓口では確認が出来ないとのことでした。
その後、本店管理部などと連絡を取りながら進めて、出資金と通帳の残金と配当と利息を30年分受け取ることが出来ました。

古い休眠口座の出金には時間がかかり、相続手続きが煩雑になります。
生前に保管場所を明確にし、少しでも整理しておくことが、残された家族のためとなります。

トピックス

一覧を表示する

2018.10.09
第23号 相続手続 事例レポート
2018.08.21
第22号 相続手続 事例レポート
2018.06.08
第21号 相続手続 事例レポート
2018.04.11
第20号 相続手続 事例レポート
2018.02.08
第19号 相続手続 事例レポート
2017.12.05
第18号 相続手続 事例レポート
2017.10.05
第17号 相続手続 事例レポート
2017.08.03
第16号 相続手続 事例レポート
2017.06.05
第15号 相続手続 事例レポート
2017.04.05
第14号 相続手続 事例レポート

お問い合わせへ

ページトップへ

  • トップページ
  • はじめての方へ
  • ご相談の流れ
  • 料金について
  • お役立ち情報
  • 相続手続一覧
  • 相続の基礎知識
  • お問い合わせ